<ruby>車<rt>や</rt>山<rt>ま</rt></ruby>とからくりとからくり

中本町の

$mt:e_chomei$>の車山

◆西王母(せいおうぼ)

犬山祭名物のからくり「綾渡り」を有する。離れからくりの一種で、魚屋町と双璧をなす竹田藤吉の傑作。下山の側面上方にある織物「水引」は、 一八六七年に作られた金糸・銀糸で龍を織り込んだ逸品で、一九六八年の全国刺繍大会に特別出品された。車輪は方円式 という円周に対して直角に組み上げられたもので、十三両で唯一の形をしている。 上山の欄間の彫り物には、中国の四神で ある青龍・白虎・朱雀・玄武が各方面にある。

◆Seiobo Yama(Nakahonmachi Precinct)

This yama features a famous hanare karakuri called Ayawatari.
The tapestry on the upper side of the lower deck is an elaborately embroidered image of a dragon. Woven of gold and silver threads, it was made in 1867.
This particular Yama has very unique wooden wheels. The wooden blocks are arranged in a radial pattern. On the top deck are carvings of four Chinese gods. They are the Blue Dragon of the East, the Red Bird of the South, the White Tiger of the West, and the Black Turtle and Snake of the North.

中本町のからくり人形

$mt:e_chomei$>のからくり

◆西王母(せいおうぼ)

名の「西王母」は、こののからくりが、謡曲の「西王母」の物語から作られているところに由来しています。昔、中国の崑崙(こんろん)山に西王母という仙女が住んでいて、不老不死の仙桃を食べて、3千年もの長寿を保っていました。ある日、仙女が仙桃を採ってくるように唐子に命じると、唐子は直ちに大木に登り、枝から枝へと回転しながら飛び移っていきます。そして、最後に巻物にぶら下がって、そのまま下に沈んで一旦姿を隠したかと思うと、再び現れ、逆立ちをして「瑶台」(ようだい)と書かれた額に変身します。瑶台とは、玉で飾った美しい高楼のことであり桃源郷を意味します。中国古来の神仙思想です。唐子が、手と足を使って1の枝、2の枝、3の枝と鉄棒の大車輪のように渡っていくさまが、見所で「綾渡り」と呼ばれています。大津祭丸屋町「西王母山」、小牧秋葉祭下本町「西王母車」等にも同類のからくりが現存しますが、犬山のからくりが一番精緻です。安永年間・竹田藤吉作と言われ、9代玉屋庄兵衛が新調復元。

◆Seiobo (The Fairy Queen)

The name of the float, Seiobo, comes from a famous Noh play. Once upon a time there was a fairy called Seiobo living in the mountains in China. She ate a magical peach extending her life for 3000 years.
That day she asked a karako to pick the peach for her. The karako immediately climbed the tree, swinging from branch to branch. The karako makes a final leap and hangs from a scroll slowly descending with it out of sight underneath the pedestal. The karako quickly reappears and is transformed into a framed scroll with the word yodai written on it.
Yodai is a beautiful building decorated with precious stones which represents paradise.
Besides Inuyama there are two other cities that have Seiobo Karakuri. One is nearby in Komaki City in Aichi Prefecture while the other is in Otsu City in Shiga Prefecture. The one here in Inuyama is the most elaborate. The Inuyama karakuri was rebuild in Inuyama by a famous mechanic named Tamaya Shobei around 1770.

車山とからくり紹介一覧へ戻る

PAGE TOP